注意 COVID-19 Notice Updates

ブルーデータ学生の皆様へ


新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大にともない、学生の皆様には不安をお持ちの方も多いかと思います。感染症対策として、ブルーデータでは下記の取り組みを行っております。


· 校内に感染対策についてのポスターの掲示(各国の言語)、海外渡航に係るご連絡のメールを全学生に送信

· 校内の清掃強化(床の除菌、共用スペースと教室内を消毒用アルコールで清拭)

· 6階と8階にアルコール消毒液の設置(こちらは校内で使用するためのものです。ご自身でもご準備下さるようご協力お願い致します。)

· 窓を開けて、十分な換気の実施


前回のメールでお伝えしましたとおり、ブルーデータでは引き続き疾病予防管理センター(CDC)、ニューヨーク州およびニューヨーク市保険局等からの発表の確認を行っております。現時点でのニューヨークでの感染リスクは、依然低いままです。学生の皆様には今後も冷静な対応を心がけ、CDCおよび保険局の指示に従ってください。


· 咳やくしゃみをする際は、手を使わずティッシュや袖で口や鼻を覆う。

· 石けんを使用して、20秒以上手を洗う。または、アルコール消毒液を使用する。

· 汚れた手で顔を触らない。

· 日常的に良く使うものは清潔に保ち、除菌する。

· 体調がすぐれない場合は外出しない。

体調がすぐれない場合は、医療機関に相談することをお勧めいたします。Doctor's noteのご提出により、状況に合わせて出席の免除が検討されます。


マスク使用に関する重要なお願い


ブルーデータは世界中から学生が集まる語学学校の為、違う視点に触れる機会が非常に多い場所です。東アジア諸国では年中問わず予防措置として一般的にマスクが着用され、マスク着用は感染拡大を防ぐための社会的責任とも考えられています。対照的に、米国を含む他の国では医療関係者以外はマスクを着用する習慣がありません。米国では医療専門家により病気の人やせきやくしゃみといった症状がある人にのみマスクの着用が推奨されています。

もしブルーデータの学生がマスクを学校で着用したい場合、学校は学生の希望を尊重します。


マスク着用は学生個人の判断に委ねており、マスクを使用しないという意思も尊重しています。


状況が日々変わる中、ブルーデータは現在の特殊な状況を考慮した上でお互いに協力し、双方の理解を深めていけることを願っています。

5 views

Social Calendar

Created by XQ Tech / Design by Emma Lu

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon
  • YouTube Social  Icon