渡米後、どのようにして健康保険を受けれますか?

事故や病気は予期せず起こりうるので、万が一の為にアメリカに着いたらすぐにでも健康保険に加入することが重要です。アメリカには留学生の為の無料健康保険はありません。Bluedataは学生に健康保険を提供していませんが、留学生はいくつかのオプションがあるのでそちらを紹介することが出来ます。

 

1. New York State of Health marketplace(ニューヨーク州健康保険)のウェブサイトにいくつかのオプションが紹介されていますから、ご覧ください。手順に従って個人の情報を入力していきます。このウェブサイトを使用して医療機関に登録するには、まずMy NY accountでご自分のアカウントを作成する必要があります。入力された情報に基づいて、選択できる医療オプションのリストが表示されます。Zocdocなどのウェブサイトから選択した保険が使える医療機関を検索することが出来ます。

多くの医療機関が受け入れる健康保険はEmpire Blue Cross Blue Shield、United Healthcare、Aetna、Cignaなどの民間保険会社です。先に近所で医者を見つけてそれから、その医者が受け入れる健康保険に加入するという方法でもいいと思います。

 

2.ISOはF-1留学生の為の医療保険です。ニーズ、予算、及び留学生が持っているビザに合わせたプランを選ぶことが出来ます。こちらから多くの留学生のレビューを見て考慮しながら気に入った医者を見つけることが出来ますhere

 

3.     Compass(コンパス)は、医療に関する情報を提供する業者です。このサイトからあなたのニーズに合った最良のサービスを見つけ、さらにアメリカの健康保険プランについて色々な情報を得ることが出来ます。

Created by XQ Tech / Design by Emma Lu

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon
  • YouTube Social  Icon